ママ友との出会いは子供がきっかけ

友達 作り方

 

私が新しいママ友を作るきっかけになったのは、保育園でした。働くママとして環境も同じで同い年の子供を持つママとしてきっと子供の事での悩みなども共有できるような気がしていました。しかし、働くママは忙しく幼稚園ママに比べると母親同士のコミュニケーションを取る時間が無く、人見知りがある私は打ち解けるようになるまで私は少し時間が掛かりました。コミュニケーション能力が高いママは別ですが。

 

 

半年もすれば少しずつ送迎の時間に会話も増えてきました。参観日、行事や懇談、役員決めなどで顔や名前(子供の名前も)も一致して来るので仲良くなるチャンスでした。そして、一番会話のきっかけになるのは子供同士の仲が良いということです。親同士も接近します。(良い意味でも悪い意味でも)私の方法としては、まず相手の子供さんを褒めてあげる事で会話の糸口にしています。例えば、女の子のママには「いつも上手に編み込みされて可愛いすね。」とか、男の子のママには「私がカットに行って髪形を変えたの一番に気づいてくれたんですよ。」など日頃からいろんな子に意識をして気づいた事などを会話のきっかけにしています。そして、習い事が同じ教室だったりする子もいるのでグンと仲良くなれます。子供の話題から普段の会話、子育ての悩みなど話は尽きません。時には担任の先生の情報交換も。子供の迎えに行って立ち話の時間が長くなったりもします(汗)仲が良くなると、ラインの交換をします。そして、参観日の後や懇談の後などに複数でランチに行く事もあります。

 

 

私は正直元々友達が多いほうでは無いのです。”ママ友”と聞くと他人以上友達以下で、ドラマや雑誌などのドロドロとしたイメージを持っていました。子供が絡むママ友とトラブルになったら嫌だなぁと思い、ママ友作りに消極的になっていました。けれど、育児をしていてママ友に助けられたりする事も多くあり、やっぱり同じ歳の子供を持つママは実の母親よりプラスになる面もたくさんあります。こうして親同士の横のつながりが意識し始めて、情報交換をしたいし子供の友達のママとも仲良くなりたいと思い、ママ友を増やしたい!と思いました。増やしたというよりかは、ママ友のコミュニティが大きくなり、広がったといった感じです。子供も年長になりますますママ友との繋がりが強くなり、一体感があります。卒園までが本当に楽しみです。

 

 

私がママ友作りに必要だなと感じたのは、”何気ない日常の会話を楽しむ”です。コミュニケーションが少し苦手で自分から話しかけるのが苦手な私は「今日は天気がいいですね」など何気ない会話からキャッチボールを続けれたら良いなぁと思っています。